化粧品の有効成分・うるおい編

サイトTOP > 化粧品の有効成分・うるおい編

肌にうるおいを与える化粧品の成分

肌のカサツつきや乾燥・ハリのなさが気になる季節、どんなうるおいケアをしているでしょうか?
肌の弾力やもちもち感に欠かせないのが、保湿を意識したお手入れです。これを適当に済ませていると、肌はゴワついたり、しわになったりしてしまいます。

人間の肌は、赤ちゃんの時は水分をたっぷり取り込む肌細胞のおかげで、シワひとつない状態です。しかし、20代をピークにその機能は衰えてしまいます。
残念なことですが、この後は老化に向けて肌はうるおいとハリを失うことになるのです。

しかし、現代の美容で、肌機能の衰えや肌質の劣化を食い止めたり、遅らせたりすることが可能になってきました。

赤ちゃんの頃には肌細胞が自分でできていた、水分の吸収を手伝ってあげる成分を、化粧水や美容液でプラスしてあげることによって取り戻せるのです。

肌質改善!うるおいチャージにはヒアルロン酸・コラーゲン

では、肌にうるおいやハリを与えるにはどんな成分が有効なのでしょうか?
美容に少しでも興味のある人ならわかるかもしれませんが、お肌の水分補給にはヒアルロン酸やコラーゲンが良いといわれています。

ヒアルロン酸には1グラムで6邃唐烽フ水分を保持する機能があり、ただ単に肌の表面をしっとりさせるだけにとどまらず、肌細胞に働きかけることができるのです。
ヒアルロン酸は、化粧水はもちろん美容液、ヘアトリートメント、ハンドクリーム、リップクリーム、また関節の動きを滑らかにするなど、多岐にわたって使用されています。
それだけ効果が期待され、安全性も高い成分だと言えます。

ヒアルロン酸が水分チャージなら、ハリやツヤを受け持つのがコラーゲンでしょう。
コラーゲンは、豚や鶏の皮などから抽出され、食品にも使われることが多いです。単独でもしっかり効果を発揮しますが、ヒアルロン酸とのダブル効果として一緒に配合されることが多い有効成分です。

ヒアルロン酸やコラーゲンを上手に取り入れて、肌弾力アップ!

ヒアルロン酸よコラーゲンは、あらかじめ化粧水や美容液といったスキンケア用品に含まれていることが多いので、わざわざ自分で特別に取り入れなくても効果はあると思います。
しかし、1日も早く保湿やハリ向上ケアの結果を出したい人は、より効果的なアイテムで効き目をアップさせたいと思うでしょう。

そんな人のために、最近ではヒアルロン酸の原液や、生コラーゲンなど、成分が濃密な集中ケア用品も注目されています。
また、体の内側からもそうした成分を積極的に取り入れることにより、弾むようなしっとり美肌に一層近付けるため、 サプリメントや美容ドリンク(資生堂『ザ・コラーゲン』など)で上手にヒアルロン酸やコラーゲンを摂取している人が急上昇中です。

いかがでしたか?お肌にはたっぷりの水分が必要です。より効果的なアイテムで、肌にうるおいとハリツヤを取り戻してくださいね!